機動警察パトレイバー


情報

画像:
機動警察パトレイバー

他の名前:
Mobile Police Patlabor

ジャンル:
[ 喜劇 ] [ メカ ] [ 警察 ] [ サイエンスフィクション ] [ 少年 ]

あらすじ:
ロボットテクノロジーの発達によって登場した汎用多足歩行型作業機械「レイバー(Labor)」は急速に発展・普及し、軍事・民生を問わずあらゆる分野で使用されるようになった。特に東京を含む首都圏には、地球温暖化による海面上昇への備えとして大堤防を東京湾の川崎~木更津の間に築くことと、1995年に発生した東京南沖大地震によるガレキの処分を兼ねて堤防の内側を埋め立てることで首都圏の土地不足を解消するという、一石三鳥を狙った国家事業「バビロンプロジェクト」のため、日本国内のレイバーの大半が集中していた。だがその結果、レイバーによる事故はもちろん、レイバーを使用した様々な犯罪行為(酔っ払いの乱闘騒ぎや窃盗から、バビロンプロジェクトに反対するエコテロリストによるテロ活動まで)が多発して社会問題となった。 この「レイバー犯罪」に対処するため、警視庁は警備部内の特機部隊にレイバーを導入し、その任にあたらせた。しかし発足当初のそれらは旧式の作業用レイバーの装甲を強化しただけのもので、日進月歩でレイバーが性能を向上させている状況にあっては、優秀な人材を集めた特機部隊といえどもレイバー犯罪に対応し切れなかった。そして1998年、警視庁は警備部内に専門部署として新たに「特科車両二課中隊」、通称「特車二課」を設けた。これがパトロールレイバー、通称「パトレイバー」の誕生である。 小隊は従来機を運用する「第一小隊」に加え、新たに「第二小隊」を編成することが決定された。その第二小隊にはパトレイバー専用の最新鋭機種である篠原重工製98式AV(Advanced Vehicle)“イングラム”が製造・導入されることになる。ところが、その新型レイバーを与えられる第二小隊は、現職の巡査1人を除いては、予備校を出たばかりの経験がゼロに等しい者ばかりで、隊長をして「精鋭になるかはたまた独立愚連隊になるか」と言わしめる集団であった。こうして、後に非難と賞賛を浴びる特車二課第二小隊が発足したのだった。 物語は、若いパトレイバー隊員たちが葛藤しながら成長する青春群像であるほか、産業ドラマであり、陰謀ドラマでもある。これらが並行して展開されるストーリーとなっている。 以降、漫画版限定あらすじ ※OVA版とは異なり作中で野明が一号機に「アルフォンス」という愛称を“つけない”。 多角経営の多国籍企業として急成長を遂げたシャフト・エンタープライズ社は極東地域でのレイバー産業進出にあたり、人型のAVシリーズを掲げる「篠原重工」を最大のライバルと認める。現行機として抜群の動きを示し、警察という特殊環境下で貴重な運用データをもつ98式のデータを「非合法的な手段をもってしても」自社のものにしようと内海課長率いる企画7課は上司の徳永専務に働きかける。手始めに内海は西ドイツ国境警備隊が正式採用した、自社製の人型レイバー「Type7 ブロッケン」を投入すると宣言する。 西ドイツで盗難事件が発生していた軍用レイバー・ブロッケン3機のうち1機が環境テロリスト「地球防衛軍」のレイバー事件に使用される。遊馬のアドバイスと持ち前の身軽さを生かし、「けたぐり」で最初のブロッケンに勝利した野明だったが、続く第2戦目では第1戦と比べて格段に動きが良くなっており、太田の二号機がパワー負けして大苦戦に陥る。リボルバー・カノンの砲弾さえも弾く装甲、野明と太田の連携下手から海中へと取り逃がしてしまう。本庁の捜査本部は、強力で希少なブロッケンを惜しげも無く使い捨てる「地球防衛軍」の犯行から、その真の目的が戦闘データの収集・蓄積にあると判断し、特車二課に第3戦目を想定した警備方針を通達する。 一方、後藤が自ら「ライトスタッフ」として採用・招集した特車二課第二小隊内では二号機指揮担当の進士が太田の横暴と命令無視に耐えかねて胃潰瘍を患っていた。後藤は特機研修校の教官・佐久間から追加人員として熊耳 武緒巡査部長を引き受ける。着任早々、野明の一号機を使って太田の二号機を組み伏せた熊耳は、太田の得意とする柔道でも完勝。更には遊馬の発案した熊耳指揮による一号機との格闘訓練で、野明に見事な投げを食らった太田は泣く泣く熊耳の軍門に屈し、彼女は二号機の指揮担当として着任する。そして「文武両道の委員長」、「後藤の頼もしい右腕」、「第二小隊のおタケさん」として熊耳は辣腕ぶりを発揮するようになる。 とある非番の日、遊馬と野明はデートすることになる。その最中に立ち寄ったゲームセンターでシャフト社製の新作体感ゲーム機をプレイする眼鏡の男・内海と知り合う。彼は自らが開発を手がけた新作ゲームの市場調査のため店を訪れていた。パトレイバーが主役のゲームと知って挑戦した野明は、慣れない操作と複雑な条件に手間取り、思うような成績を残せない。すると関西弁を話す無邪気な黒人少年バドが「お姉ちゃんの仇をとる」と称してプレイし、ハイスコアを叩き出す。ゲームとはいえ火器で武装したレイバーが次から次へと登場するのは物騒だと率直な感想を語る遊馬に「将来的にはそういうのが出てこないとも限らない」と内海はこともなげに笑う。 内海が見守る中行われた対ブロッケン第3戦目で、野明はワイヤーを使うことを思いつき足を引っかけて転ばせるという方法で完勝する。だが、取り押さえたブロッケンから煙幕が撒かれ、またしてもデータが持ち去られていた。後藤は間違いなく次の戦いがあると野明たちに告げる。 98式後継機種の導入計画が上層部で検討されていた。その計画の一環として、スペック以上の優秀な性能を発揮する半面、熟練に時間を要するうえ乗り心地最悪で高価な98式を篠原側に「下取り」してもらい、廉価版後継機(エコノミー)に切り替えるという案が浮上していた。イングラムに心から愛情を注ぐ野明は心穏やかではなくなる。 そんな最中、小笠原で行われていた陸上自衛隊と米軍の新型レイバーによる演習に謎のレイバーが乱入。四菱重工製97式で応戦した不破は見たこともない人型の黒いレイバーに完敗し、コクピットから引きずり出される屈辱を味わう。シャフト・USA製の米軍新型機二台も完膚なきまでに破壊される。謎のレイバーは事件現場に「ぐりふぉん参上」という謎のメッセージを残して姿を消す。事件は情報統制され、マスコミはおろか警察関係者にさえ通達されなかった。だが、不破は旧知の南雲に「篠原製以外に完全な人型レイバーの心当たりはあるか?」と問い合わせる。 晴海で開催中の「国際レイバーショウ」会場に「地球防衛軍」の犯行予告があり、警備任務に就いていた第二小隊。篠原製のエコノミーが「お披露目」されているのを見て、遊馬は顔馴染みの開発責任者・実山 高志にエコノミーのデモンストレーションを行いたいと申し入れる。実山の自尊心を利用し、無理な願いを聞き入れさせた遊馬は、一号機の起動ディスクを野明から借り受け、エコノミーを起動テストする。人の悪い後藤は遊馬の減俸処分でエコノミーの性能が見られると余裕綽々。だが、そんな後藤さえも凍り付く事態が発生する。太田を挑発してエコノミーと98式の模擬戦を行おうとしていた遊馬は突如乱入してきたトレーラーに割って入られる。ガスが撒かれ、その中から出現した「黒いレイバー」が二号機に襲い掛かる。不意を突かれた太田の二号機と応戦した遊馬のエコノミーは黒いレイバーに為す術もなく完敗。負傷した遊馬からディスクを取り戻し一号機を起動させた野明だったが時既に遅く、彼女を嘲笑うかのように黒いレイバーは翼を広げて大空へと逃走するのだった。そして、会場に留まる1台の車に避難を指示した熊耳は、香港時代に追い求めていたリチャード・王の姿をその車内に認めるが、彼の部下に銃撃される。この日は第二小隊にとって、僅か15分の襲撃により隊員二名が負傷入院するという悪夢の一日となるのだった。 「黒いレイバー」は逃走後に墜落炎上したと大々的に報道されたが、襲撃事件と黒いレイバーの驚異的性能が与えた関係者への衝撃は大きかった。篠原重工社内では98式の後継機開発を全面的に見直すことに決まり、警視庁警備部上層でも新機種導入計画が白紙撤回された。肋骨を骨折した遊馬は翌日には退院し自宅療養出来るほどの軽傷で済んだが、銃撃された熊耳は全治一ヶ月となる。熊耳への事情聴取のため病室を訪れていた松井刑事は熊耳の目撃談をもとに作成した似顔絵を覗き見した遊馬が「内海さんにそっくりだ」と発言したことを重く受け止め、シャフトへの捜査を開始する。一方、派手にやらかして警察にマークされてもまったく悪びれない内海に怒り心頭となった徳永は、自社グループの悪名高い警備部隊SSS(シャフト・セキュリティー・システム)に内海の身柄と黒いレイバーグリフォンを押さえるよう命令を下す。 こうして、「企画7課を率い、グリフォンを擁する内海」対「後藤・南雲率いる特車二課」、「天才少年・バド」対「根性娘・野明」の戦いが幕を開ける。

おすすめアニメ:
セブンシーズ
DAYS東院学園戦!
わが青春のアルカディア・無限軌道SSX
虹色デイズ OVA
夏目友人帳 陸 特別編
ガーリッシュナンバー
ハーモニー
マジンボーン
極上!!めちゃモテ委員長
僕の妹は「大阪おかん」
メカクシティアクターズ
ボトムズファインダー
一騎当千
ゾイド ジェネシス
アベノ橋魔法☆商店街
ローゼンメイデン ~ トロイメント
UG☆アルティメットガール
遊☆戯☆王5D's(ファイブディーズ)
バクマン。
プリンセスナイン 如月女子高野球部
となりのトトロ
ハヤテのごとく!!
テニスの王子様
ジャングル大帝 劇場版
獣神演武 - HERO TALES -