海のトリトン (1979)


情報

画像:
海のトリトン (1979)

他の名前:
Umi no Triton (Movie)

ジャンル:
[ 冒険 ] [ ファンタジー ] [ 少年 ]

あらすじ:
年老いた漁師の一平に岬で拾われた緑の髪の赤児は「トリトン」と名づけられ育てられるが、不吉な髪の色として疎外される。ある日、一頭の白いイルカ「ルカー」に出会う。ルカーは、トリトンが人ではなく海棲人類トリトン族の最後の生き残りであること、七つの海を支配し暴虐の限りを尽くすポセイドン族とはトリトン族として戦う運命にあることを告げる。トリトンはイルカの言葉が判ること自体に狼狽し、それを信じようとしなかったが、一平がトリトンと一緒に拾ったトリトン族の衣装と宝物「オリハルコンの短剣」を発見し、ルカーの言うことが真実だと知る。その時、トリトンを発見したポセイドン族の尖兵が漁村を襲い、トリトンは村を救うため、海への旅立ちを決意する。トリトン族の他の生き残りを探すため、父母の仇にして村の仇でもあるポセイドン族を倒すために。 苦難の旅の果て、ポセイドン族の本拠地へ乗り込んだトリトンは衝撃の真実を知る。ポセイドン族はアトランティス人によってポセイドンの神像への人身御供として捧げられた人々の生き残りであった。そして、ポセイドン族の逆襲を受けてわずかになったアトランティス人がポセイドン族に復讐するために生み出し、末裔であるトリトン族へ受け継がれた武器が「オリハルコンの短剣」だった。ポセイドン族がトリトン族を殺戮してきたのは、あくまでも自らの身を護るためだったのだ。 この最終話のプロットは、富野が脚本を無視して絵コンテ作成時に独断で盛り込んだ。このアイデアは第1クール終了頃に思いついたものの、周りに相談すると確実に却下されると考えて富野は沈黙を貫いた。ただし富野は、たとえ何クールの放送になろうと最後はこうすると決めていたという。富野自身「これはもう職権乱用です」と断言している。 最終回の脚本は松岡清治とクレジットされているが、あくまで名義であり、実際の内容に沿った脚本は存在しない。

おすすめアニメ:
博多明太!ぴりからこちゃん
アストロボーイ・鉄腕アトム
美肌一族
Di Gi Charat 夏休みスペシャル
おにゃんこポン
王様ゲーム The Animation
クレヨンしんちゃん オラの引越し物語~サボテン大襲撃~
温泉幼精ハコネちゃん
SHOW BY ROCK!!(ショウ・バイ・ロック!!)
終わりのセラフ
ベルセルク 黄金時代篇Ⅱ ドルドレイ攻略
デンキ街の本屋さん
ドラゴノーツ-ザ・レソナンス-
それでも世界は美しい
STAR DRIVER 輝きのタクト
ストレンジ・プラス
ヘタリア The Beautiful World
こいけん!~私たちアニメになっちゃった!~
天使のしっぽChu!
学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD
戦姫絶唱シンフォギア
キスシス
マイの魔法と家庭の日
花より男子
魔獣戦線 THE APOCALYPSE